アパート・マンションをローコストでお部屋、室内の演出10のヒント

これからの賃貸アパート・マンション経営の考察

ローコストでの商品化:室内の演出

賃貸市況や入居者ニーズが理解できても、オーナー様の仲には、多くのコストをかけられない

(かけたくない)方もいらっしゃいます。

 

私達仲介業者がお客様をご案内するときお部屋が汚いとまず決めてはくれません。お部屋を商品化する

ためにはルームクリーニングをして綺麗な状態にしておくことは言うまでもありません。

又、匂いに関しても割りと敏感です。しばらくお部屋があいてしまうとトイレや流しの匂いがあがってきて

しまうものです。時々は水を流して匂いがしないように心がけるべきでしょう。

 

以上のことはどこのオーナー様も当然おやりになっていることだとおもいますが、ではコストをかけないで

他との差別化を図るのはどうすればよいでしょうか?

 

1、照明器具をつけ分電盤のスイッチを入れた際、明るく演出できるようにしておく。最近のお客様は会社

の帰りに内見したいという人が増えており、そのような方にも有効だと思います。

 

2、窓にカーテンを取り付けます。(白いレースのカーテンが基本です。)

 

3、スリッパを3足以上用意しておく。お部屋を汚さないためにもよいとおもいます。

 

4、玄関に『いらっしゃいませ』のプレートをつける。その際セールスポイントなどを書いておく。大家さんの

やさしい配慮がうかがわれる。

5、キッチンにはイミテーションの野菜をバスケットにいれ飾っておく。キッチンの演出です。殺風景な水周り

が華やかになります。

 

6、洗面所・トイレにタオルをつける。

7、玄関・トイレ・キッチンにマットを敷く。

8、トイレの便座にカバーをつける。

 

9、観葉植物・絵画などを置く。いまは100円ショップでいい造花の花や鉢植えなどが売っています。

 

10、目立たないところに消臭剤を置くと同時に定期的な清掃・換気をおこなう。

 

思いつくままに書いて見ました、全てをやる必要もありませんがそのお部屋に応じて何がしかの演出が凝ら

されていれば当然見るお客様の反応が違ってくるとおもいます。

この様にお金をかけなくとも他の物件に差別化を図ることができます。

 

イメージとしては住宅メーカーのモデルルームのようにする思えばよいとでしょう。

一棟の物件に数個の空き室がある場合は、一部屋を上記のように演出しオープンルームの

様にしておけば広く入居者を募集するのに効果的です。

 

室内を演出するには準備段階で一定の費用がかかりますが、一式用意すれば、使いまわしが可能です。

いかがでしょうか、ちょっとした工夫で他との差別化を図ってみるのも面白いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>